FC2ブログ
煙草とビールとイヤホンのれびうがメイン
oBravo erib-8a「パシテア-Pasithea-」
2017年発売



参考比較(5段階評価)
本機
高音……★★★
中音……★★★★★+α
低音……★★★
総合……★★★★★

EarPods
高音……★★★★
中音……★★★
低音……★★★
総合……★★★

MDR-CD900ST
高音……★★★★
中音……★★★★★
低音……★★★
総合……★★★★★


深田ありにとって最後のイヤホンはDK2001であり、最後のDAPはZX100だ。
その気持ちは今も変わっていない。

元々はSE846とaune BU1で終わるはずだったのにズルズルズルズルと色々な『ココロノコリーズ』を買ってきてしまった。
そしてそれを、止める手だてはなかった。今までは。

しかし買って買って買って、ある現象が起きた。

それはイヤホン、ヘッドホン、耳かけの総数がちょうど100になるということである。
これだ! オデオを終わらせるにはこのタイミングしかない!!
これが多分最後のチャンス!

で、最後の100本目はfinalのD6000(発売日未定)でフィニッシュと決めてるから、99本目が実質的なラストといえる。
そしてその栄えある99本目が、このパシテアちゃんだ。
パシテアちゃあああああん!!

この子を選んだ理由は以下の条件を満たしたのがこれだけだったから。
・スピーカーのような鳴り
・平面駆動
・高すぎない

候補としてはCardasのA8があった。前から気になってた。スピーカーサウンド枠として。
しかし平面駆動ではないし、CardasならEM5813を持っている。
他に中華のとある平面駆動イヤホンが気になった。
しかしあれはスピーカーサウンドではない。
そしてその両方を満たし、しかも安く買えたのがこのパシテアちゃんだった。
名前もかわいいし。パシテアちゃんですよパシテアちゃん。

オーブラボーは非常にニッチというか、ピンポイントの音を目指している台湾のメーカーだ。
それは『1970年代のスピーカーの音』である。
……すげえ。
いくらなんでもピンポイントすぎる……。
そのため好き嫌いはかなり極端に分かれる。
あとオーブラボーは世界一高いイヤホンも売ってたね。110万円のイヤホン。
そのくせリケーブルは純正しかダメというクソ仕様。
……尖ってんなあ。
パシテアちゃんは2万5000円なんだけどね。
オーブラボーではキューピッドの次に安い。

そしてオーブラボーは上位モデルにはハイルドライバーを、下位モデルには平面駆動を使うという特徴があり、DDもそれらを合わせた2ドライヤホンしか作らない。
全部2ドラだ。違いはDDのサイズと筐体の素材。
パシテアちゃんは6㎜DDもキューピッドと同じ一番小さいサイズ。平面駆動は8㎜だ。
キューピッドとの違いはリケーブルできないことと、アルミ+ウッド筐体であること。
ここに価格差がある。まあ5000円。

そう、1970年代のスピーカーの音を目指すメーカーの、平面駆動イヤホン!!
そして名前がかわいい!!

まさに狙いどおりのイヤホンだ。99本目に相応しい……。


ではそろそろ聴いていこう。
傾向はかまぼこ。
まあ1970年代のスピーカーの音を目指してるからな。かまぼこにしかならん。


高音……明らかに苦手な部類。徹底的に苦手な部類。重く濁って潰れた高音で、なるほど1970年代のスピーカーか。そんな感じがする。刺さりはないが、明らかに苦手。キラキラ感もない。

中音……ウルトラ素晴らしい。クリアで艶やかでなめらかで、そうなめらか。物凄くなめらか。自然すぎる。こんなになめらかな中音はかなり珍しい。てかイヤホンではこれ以上はないかと。ハイポリマーやコンデンサーみたいな中音が出る。ここはすっげえ。ピアノもかなり美しい。中音に関しては文句無しの100点。

低音……6㎜DDだけあってぶっちゃけ弱い。上位機種はDDかデカいので多分パワフルな低音になるんだろう。とはいえ、締まりはあるし、奥の方から聴こえるので意外と綺麗。重低音も苦手だな。

解像度……まあ及第点。悪くはないがそこまで高くもない。

クリア……1970年代のスピーカーの音を目指したというからかなり身構えていたが、意外とクリア。
勿論全体的にヴェールがかかっていて完全なクリアさはないが、それでもかなり上等。多分低音が弱いからマスクしないんだ。あとなんだかんだ一音一音が歪みなく綺麗なので濁らない。

音場……メチャクチャ広い。え? これマジでイヤホン? ってくらい広い。広すぎてどう表現したらいいかわからない。流石1970年代のスピーカーの音を目指しただけはある。ヘッドホン並の音場。立体感もあり、奥行きも十分。音場は100点満点。

その他……これは言わなければならない。タッチノイズが酷い。酷すぎる。今まで聴いてきたあらゆるイヤホンの中でぶっちぎりに酷い。タッチノイズのカタマリ。


絹のような音色で、コンデンサーかと疑うようなサウンド。
すっげえ自然な音。
音色がとにかく抜群にいい。

そして音場が凄まじく広大で抜けが抜群にいい。
イヤホンとは思えない音がする。
そして中音なものすごくなめらかなので『聴いててスゲー心地いい』
しかも平面駆動のおかげか歪みがないので意外とクリアなのよ。ここが素晴らしい。
イーリアたんより幾分クリア。

未だかつてこれより『気持ちいい』イヤホンは聴いたことがない。
確かにこれはかまぼこだ。
低音も高音も弱く、中音だけが際立つ。
しかしそのサウンドの気持ちよさときたら!

なるほど1970年代のスピーカーサウンドというわけか。聴いて納得。
低音が弱いのは下位機種だからで、上位機種ならここでパワフルな低音が出るって寸法だろう。

でも個人的にはこれくらいの方がいいと思う。
低音強いと多分篭る。
マスクするから。
音そのものが非常に繊細でなめらか。実になめらか。
だからこそ繊細さが大切になる。

能率はかなり悪い。イーリアたんの方が音量取れる。
まあここら辺は平面駆動やね。

イーリアたんと比べた場合やはり中音の艶かしさやエロさではイーリアたんが上回る。パシテアちゃんもかなり頑張ってるがこの点においてはイーリアたんとは越えられない壁がある。
無論、低音は言わずもがなだが。

でも、それでも。
これは素敵だ。
素敵素敵なサウンドだ。
かなり気持ちいい音がする。
音ではなく音楽を楽しめる音がする。
すげえよこいつ。

パシテアちゃんは万人受けする音ではないと思うし、イーリアたんと比べるとやはりあらゆる点で劣る。買ってる部分が……クリアさくらいしかない。
ただ、それでもね。
かまぼこでさ、こんなにクリアな音は割と信じられないし、中音が実になめらかで気持ちよく、音場がイヤホンとは思えないほど広いんだよこの子。
凄いわこれ。
まさに1970年代のスピーカーサウンド……。
まあ上位機種みたいな低音のパワフルさはないんだけどね、低音かなり弱い。
でも歪みなく、自然で、とにかく何度も言うがなめらかな音。透き通っているのにぬるぬるする不思議な音がする。

中音好きには是非試して欲しいイヤホン。
マジでいい中音してる。
そしてこの音場!
中音と音場が本当に文句のつけようがない。

高解像度ゴリゴリの今時の音が好きな人には全く受け付けない音だとは思う。
そういう人にパシテアちゃんは向かない。
低音も高音もほんっと弱いから。
中音と音場に特化している。
まあ、クリアなんだけどさ。かまぼことは思えないほどクリアなんだけどさ。
あとなめらかだけど音そのものは結構あっさりして薄味なので濃密なサウンドを求める人にも向かない。
かなりピーキーなサウンド。
深田ありはめっちゃ気に入ったけどね、パシテアちゃん。


ただ、マジでタッチノイズが酷い。
これは許容できないレベル。
パシテアちゃんを外で使えるのか不安になるくらいタッチノイズが酷い。
あらゆるイヤホンの中でもぶっちぎりに酷い。
この致命的な欠点を許せるかどうかが分水嶺だろうね。


ちょっともう一度、ガチでイーリアたんと聴き比べてみる。
あ、イーリアたんの方がクリアだわ。
正確にはヴェールはイーリアたんの方がかかっているのだが、音単体の濁りはパシテアちゃんの方が濁る。
つまり篭り方が違う。
そしてパシテアちゃんは2ドラ特有の繋がりの悪さがある。つまり平面駆動とDD(平面駆動もDDだが便宜上別とする)の音がバラバラに聴こえる。繋がりの悪さがある。
全体的に濁りがパシテアちゃんにはある。
そしてイーリアたんの方が生々しく濃厚な音で、パシテアちゃんはちょっとインチキ臭い。
音場は……パシテアちゃんの方が広いな。抜けば互角か。やっぱパシテアちゃんの音場狂ってる。信じらんねえ。
分離はイーリアたんの方が上。あと距離感や定位はイーリアたんが上回る。立体感もな。流石にパシテアちゃんが勝ってるのは広さだけだ。
ボーカルの距離は同じくらい。

どちらもスピーカー的な鳴りをめざしてるだけあってなんか似てるところがある。音色で。
自然さは間違いなくイーリアたんの勝ち。繋がりのよさなど比べ物にならない。
あと低音は圧倒的に差がある。
解像度はイーリアたんの方が上。
ドライバーの音としては、イーリアたんはやはりDD臭いが、パシテアちゃんはDDぽさが全然ない。マジでコンデンサーみたいな音がする。
しっとりとした艶や温もり、あたたかさなどはイーリアたんが遥かに上回る。倍音もそう。
そのため聴いてて『陶酔しそうになる』のはやはりイーリアたんだな。
まあ値段が違うわな、流石に。
とはいえ、どちらもスピーカーサウンドを目標としてるだけあって、似ているところもあるな。

やっぱパシテアちゃんすげえよ。
関連記事
スポンサーサイト




2020-09-26 Sat 05:47
別窓 | イヤホン・ヘッドホン | コメント:0 | トラックバック:0
<<at.Q AT-ES05 | 茫漠(深田あり) | マックバレン・バージニアブレンド>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

| 茫漠(深田あり) |
☆モブログランキング☆